執筆記

ウィキペディア利用者:逃亡者です。基本的にウィキペディア執筆に関しての日記です。そのうち気まぐれで関係ないことも書くかもしれません。

雑記


いつもながらタイトルに迷うと、こんなタイトルばかりですね……

 

今さらですがこのブログを読み返してみると、以前挙げた「目玉焼き丼」のことはずっと前にも書いていたり、読者様から「それは前にも書いたろ」と突っ込まれそうなことを頻繁に書いていますね…… 僕の記憶力など所詮、この程度です。職場でも何か報告すると「その報告ならもう受けたよ」などと言われている始末です。

 

さて、執筆者仲間S氏の投稿による記事「加悦谷祭」が良質な記事に選定されました。おめでとうございます。( ^^)//パチパチパチ

思えば昨年、執筆者仲間N氏から「まだウィキペディアに日が浅いのにこんなに充実した記事を書いていて……」とご紹介いただき、S氏を存じ上げました。実際に記事を拝見し、正直申しまして、こう思いました。

「こんな凄い記事を書いて、まだ日が浅いなんてウソだろ!?」

その後も地域文化に関する記事を充実させたり、ウィキペディアタウンなどオフラインのイベントで日本中あちこちを駆け回って精力的に活動されており、いつも感服するばかりです。特に前者、僕も郷里の小樽市の文化や歴史についての記事をもっと書きたいところですが、なかなか進みませんので、いつも「あんなふうに書けたらなぁ」と、その執筆姿勢には密かに憧れる次第です。

以前にも書きましたが、「小樽の歴史といえば文学だから、人物の記事が好きなら、小樽の文人たちのことを書けばどうか」とご助言をいただいたことがありました。ですので人物記事と郷里の記事を兼ね、「小樽の文人の記事を書いて小樽文化を盛り立てることができれば」との目論みがありましたが、全然進んでおりません。「小樽といえば」の文人伊藤整小林多喜二石川啄木なんて当然すでに充実した記事がありますし……

そういえば伊藤整って、祖母(父方の母)の存命時に、こんな会話を交わしました。

「おばあちゃん、伊藤整って小樽の人だよね。おばあちゃんと同じくらいの歳だけど、知ってる?」

「あぁ、あの人は静かな人だったねぇ」

「え? まさか知り合いだったの?」

「いや、親戚」

──だとすると、僕もれっきとした伊藤整の親戚となるのでしょうか。あのときの祖母の言葉が真実だったのか冗談だったのか、祖母も父も亡き今、残念ながら真相は闇の彼方です。

 

話は良質な記事の選定に戻しますと、「スタッフが美味しくいただきました」は未だ選考中です。先の「加悦谷祭」は「早期終了」、即ち「賛成票のみ3票以上挙がって48時間以上経過するとOK」の規定により選考終了しましたが、僕の方は反対票が1票ありますので、早期終了はあり得ず、選考終了まであと1週間ほど重圧が続きます……

まぁ、選定されても何か表彰されたり賞金や勲章がいただけるわけでなし、かといって選定されなくても罰金があったり執筆資格が剥奪されるわけでなし、なるようにしかならないでしょうか。実際のところ僕も、初版投稿した記事が良質な記事候補となって選定に外れた例(3件?)があるにも関らず、こうして堂々と執筆を続けているわけですし。

というわけでなんとか気持ちを切り替え、再び例の漫画記事の執筆に専念していきたいと思います。

 

続・ただいま執筆中

前回書きました「とある漫画」の記事。昨日は大雨で外出が困難で、自宅に引きこもっていたことが幸いか(インドアな性格ですので天気に関係なく引きこもりが多いですが)、はたまた前回「書かなければならない」と書いたことが自分への発破になったか、昨日1日で大部分を書き上げました。

前回「7年も書かずにいた」と申しましたが、今年の2月に某雑誌でこの漫画の特集が詳細に組まれており、良い資料になりましたので、今まで書かずに待っていたことが却って幸いしたようです。「急いては事をし損じる」とでも申しましょうか。

しかし今日、執筆者仲間さんのお1人から「今度の漫画の記事が楽しみ」とのメッセージが届きました(ブログお読みいただきありがとうございます)。記事としてそれなりの分量を書いたつもりですが、「楽しみにされたからには、せっかくだからもっと膨らませた方が良いか。他に何か資料はないか?」と思い、検索したのが運の尽きでした。資料があったことはあったのですが

国会図書館のみ。

どうやらまた、国会図書館行きの機会が到来したようです。天気の方も、来週土曜は週間天気予報ですと「曇り一時雨」とまぁまぁですので、当日の国会図書館行きを目指します。

このように「どうしても国会図書館へ行かなければならない」事態に備えて、常日頃から「今すぐ記事を書きたいわけではないけれど、興味のあるものの出典に使えそうなので、国会図書館へ行く機会があったら読みたい本」をメモしているのですが、これにて図書8点、雑誌10点、新聞1点になりましたので、これを機に一緒に読破してみたいと思います。

 

ただいま執筆中

今日は月に一度の通院日です。午前中に通院、午後から出社です。通院は11時予約ですので、朝はのんびりしています。

 

ここ数日は新たな記事を目下、執筆中です。今回は、以前にも触れた「とある漫画」です(お題はやはりまだ伏せます)。漫画の記事を書くのは初めてではありませんが、今回の漫画で取り扱っている「題材」については、ウィキペディア上でほとんど触れたことがありませんので、なかなか苦労しています。

出典として手元に控えているネットニュースのアクセス日付を調べたら、最も古いもので2012年でした。えっ、7年も書かずにいたのか! しかし今回は諸事情により、今月中には書き上げなければなりません(理由はじきにわかるでしょう)

メンタルが弱い僕は「いついつまでに何々をしなければならない」と考えると、とたんにプレッシャーに打ちのめされます。過去にもそうして書き損じた記事が多々あるのですが、果たして書けるでしょうか…… いや、書かなければなりません。

今日ものんびりと言いつつ、その実、通院前に図書館です。そして夕方は別の病院へ通院、そしてまた別の図書館に寄って、資料漁りに行って参ります。

 

5月度 月間記事賞

先日、5月度の月間記事賞が発表されました。

Wikipedia:月間新記事賞/投票 - Wikipedia

最も力を込め、国会図書館へ2回行って書いた記事「加清純子」が、途中経過で投票たった1票でしたので、「今月は受賞無しか」と見ておりましたが、まさか「スタッフが美味しくいただきました」が受賞するとは思っておりませんでした。

f:id:tobosha111:20190612122422p:plain

なんか、記事名からして1個だけ浮いているなぁ……

しかし、決して月間記事賞や「良質な記事」選定がほしくて記事を書いているわけではありませんが、「加清純子」のように全身全霊を込めて書いた記事の票数が少ないと、さすがにちょっと凹みます。

 

目下、良質な記事の選定中ですが、

Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/スタッフが美味しくいただきました 20190611 - Wikipedia

早速の反対1票で早速凹みました。幸先がよくありませんね。

この手の記事で良質な記事の選定に至った「馬鹿は風邪を引かない」を思い出します。珍項目に選定されたことまで同じです。

まだ選定が始まって、たった2日。再来週までプレッシャーが続きます……

 

実家で撮った画像たち

執筆が進まず、ブログネタも不足しております。以前に実家の仏壇を「小樽仏壇」の記事に載せたことを書きましたが、過去に小樽の実家で撮影してウィキペディアに載せた画像を振り返ってみます。

 

その1。父が2012年1月に他界し、その年の盆休みに僕が帰省中、東京在住の従兄夫妻が線香を上げに訪れました。ついでに小樽観光をしたいとのことで、母が案内として同行し、出かけました。昼前には帰るとのことで、僕が1人で留守番をしていたところ、母から電話があり

「予定が変わって、お昼を食べていくことにした。すまないけど、あんたのお昼は自分で何とかして」

「うん、わかった。適当に食べとくから、気にしないで」

とは言ったものの、横浜転勤依頼、料理はまったくしませんので、適当に作って、ついでに撮影したのが、以下の画像です。

目玉焼き丼 - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/46/Medamayakidon_20120814.jpg

目玉焼きすらまともにできないのがバレバレですね……

 

その2。やはり帰省時の母の手料理、ザンギ(北海道での鶏のから揚げ)です。

から揚げ - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/84/Zangi_20110101.jpg

しかし、後に別画像に差し替えられ(悔しいが客観的に見ると、確かにこちらの方が見栄えは良い。自分的には母の料理が一番ですが)、さらに現在の記事では画像自体が除去されています。何がいけないのか…… よほど理不尽なことでもないと議論を起こすことができない性格ですので、画像を復帰させることもせず、放置しています。僕は真正チキンなのです(鶏料理だけに)。

 

その3。しつこく母の手料理です。先の年末年始の休暇で帰省した折の昼食、カスベの煮物です。僕の大好物の1つです。

エイ - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c2/Boiled_Batoidea.jpg

「カスベ」とは北海道方言で、エイのことです。というか僕はウィキペディアを始めたことで、「カスベ」を検索し、カスベがエイだと知りました。

Facebookに投稿したところ、「美味しそう」「料理上手なお母様なんですね」などとコメントをいただき、調子に乗ってウィキペディアにも載せました。母にこの記事を見せたところ「こんなふうに載せるなら、もっときれいに盛りつけたのに」と照れ笑いされました(息子の料理はきれいに盛りつけていないのか?(^^;)

 

その4。先のゴールデンウィークの帰省時。夕食のおかずをつまみにビールを飲んでいました。さてご飯にしようかと思いきや、ほとんどおかずを食べ尽くしてしまいました。「そうだ、子供の頃よく食べたあれを、久々にやろう」と思って、ついでに撮影したものです。

バターご飯 - Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/Butter_and_Rice_20190428.jpg

汚い話で申し訳ないですが、これを食べた後、おなかをくだしました…… 何かの漫画で「歳をとると油物を食べるのがきつい」と台詞がありましたが、やはりそこそこの歳になると、このような脂の固まりを食べるものではありませんね。情けない(^^;

 

今回の新記事と、NHK朝ドラのこと

さして大きな記事ではありませんが、またも「思いつき」レベルの記事を書きました。

ビセイクル - Wikipedia

NHK朝ドラ『まんぷく』で登場した栄養補助食品「ダネイホン」のモデルとされる、実在の栄養補助食品です。GW帰省時、『まんぷく』総集編をテレビで見て思いつき、図書館へ行くつど少しずつコピーを集めており、1日で一気に書き上げました。

 

過去にもこのブログで朝ドラについて頻繁に述べていますように、僕の執筆は、NHK朝ドラこと連続テレビ小説に大きな影響を受けています(1月のイベントで語るつもりでしたが、ぶっちぎりで制限時間をオーバーするため、丸ごとはしょりました)

そもそもの始まりは、7年前の郷里の小樽での、父の他界でした。以来、実家では母が1人住まいです。他の家族は兄一家ですが、仕事の都合で同じ小樽市内の別の町に在住です。兄は多忙の合間を縫って母を外出に連れ出したり、重たい買物につき合ったりしてくれていますが、基本、母は普段は1人きりです。

そこで僕は母と一緒の時間を大切にしたいと思い、夏、冬、GWといった大型の休暇のつど、必ず帰省するようにしました(なので取材旅行にも行かないわけです)。しかし無口な僕は、数日ならともかく、1週間近く母と2人きりで過ごすと、だんだんと会話のネタも激減します。母の数少ない趣味の1つがテレビドラマ、特に朝ドラの大ファン。そこで話を合せようと朝ドラを見始めたところ、朝ドラで舞台となることが多かった戦時中から終戦直後の昭和初期の日本に興味を持ち始めました。そして、あの時代を逞しく生き抜き、時代を切り拓いていった人々に強く惹かれ、そうした人物の記事を書くようになった……という経緯があるのです。

 

ちなみに朝ドラで興味をもって書いたものといえば、以下の記事群があります。

『花子とアン』

『ごちそうさん』

なお「火なしこんろ」の参考文献、婦人之友社『魔法の鍋帽子』は当時、手近な図書館には蔵書がありませんでした。

www.fujinnotomo.co.jp

国会図書館へ行くかと考えましたが、これ1冊のためにわざわざ国会図書館まで繰り出すのは効率が悪いです。ネットでの書店の在庫検索によると、横浜駅前の紀伊國屋書店に在庫あり。そこで紀伊国屋まで足を運び、店頭で立ち読みし、内容を頭に叩き込み、そそくさと店を離れ、廊下の隅でメモ帳に内容を書き…… これが、発売されたばかりでまだ図書館に蔵書が無いときの僕の常套手段です。

実は立ち読みしながらスマホで撮影することすら犯罪には当たらないらしいですが、書店の営業の妨害になる場合は業務妨害罪が成立する可能性ありと聞きましたので、書店から営業妨害といわれる日が来やしないかと、密かにびくびくしております。

 

芋づる式に増えてゆく

前回「とある歌人さんがご存命か故人か不明」と書きましたが、同様のケースが、僕の書いた人物の中に何人かいらして、こちらもそのお1人です。

高橋貞子 (作家) - Wikipedia

本来は、まったく書く予定の無かった記事です。『リング』シリーズのヒロイン?山村貞子のモデルで、大正時代に超能力者とされた実在の人物「高橋貞子」がいると知り、面白そうと思った書き始めました……が、他記事で作家としての「高橋貞子」の記事名にリンクされている箇所がありましたので、括弧無しの高橋貞子は曖昧さ回避とし、高橋貞子 (1868年生)として書いた上で、曖昧さ回避を作った責任を感じて、作家の高橋貞子氏も執筆した次第です。

ちなみに超能力者の高橋貞子氏の記事中で「心霊治療」について言及しましたが、この記事が無かったので、自力で執筆しました。

心霊治療 - Wikipedia

さらに複数の書籍で、心霊治療の代表的人物として、南米の「ホセ・アリゴー」氏が挙げられていましたが、やはりまだ記事が無かったので、またも自力で執筆しました。

ホセ・アリゴー - Wikipedia

こうして芋づる式に、書く記事が増えております。考えてみれば作家の高橋貞子さんも心霊治療もホセ・アリゴー氏も、別に僕に執筆の義務は無いのですが…… こうして1人で気負ってしまうのが、僕の悪い癖です。

先日、平和運動家の坂本文子氏を執筆した際は、他記事で女優としての「坂本文子」氏にリンクしている箇所がありましたので、括弧無しの坂本文子を曖昧さ回避としましたが、さすがに懲りて、女優の坂本文子氏の執筆予定は今のところありません(あまりメジャーでないみたいですし……)

 

話が逸れますが、「ホセ・アリゴー」で参考文献とした『世界不思議物語』(リーダーズダイジェスト)は、確か中学の頃、亡き父がどこからか購入し、読んだものです。「心霊治療」執筆後、年末に帰省して実家で読もうと思いきや、超潔癖症の母が処分済み。そして天下の国会図書館にも蔵書がありません。知っている限り、東京都立図書館にあるのみ。ですので必要なつど、都立図書館まで足を運びます。

www.amazon.co.jp

またも話が逸れて、この『世界不思議物語』に載っていた話で、南米の怪談「ラ・ジョローナ」がなんとなく記憶にあったのですが、今年になり(表記がやや異なりますが)そのものズバリ『ラ・ヨローナ~泣く女~』が製作されてしまいました。

wwws.warnerbros.co.jp

 ウィキペディアでも他の利用者様により、記事が立項済みです。

ラ・ヨローナ〜泣く女〜 - Wikipedia

記事中で件の怪談について言及されている上、ウィキペディア海外版には記事が存在します。これは、日本語版でも怪談について執筆が必要では、と考えています。研究書籍を見つけたので一応コピーはとりましたが、海外ネタは僕の不得意分野です……書けるでしょうか?